ファイナンシャルプランナーは人生の水先案内人

聞きたくても、なかなか聞けないのが“お金”のこと。親兄弟、親せきなどが身近に居ても、デリケートな問題だけにかえって聞きづらいもの。かつて、私も経験しました。結婚して家族を養い、そろそろ持ち家を、と考えた時です。親に相談すれば、あるいは手助けしてくれたでしょう。甘えてしまうのは楽ですが、その後も──ローンの残金や子ども進学、保険の選び方など──さまざまな問題に出くわすわけで、その度に頼るわけには行きません。そこで一念発起し、ファイナンシャルプランナーの資格を目指すことに。かつて金融機関に勤めた経験があり興味はあったのです。Uターンを余儀なくされ転職しましたが、「独立開業」も視野に挑戦し、見事に合格! このサイトは合格までのことを思い出しながら書いたメモのようなものです。少し覗いてみてください。

次のページへ >>


(C) ファイナンシャルプランナー(FP) 勉強法 All Right Reserved.
リンク集