受検機会は年3回。3級よりも2級でモチベーションアップ!

「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格試験は、他のとは少し違った点があります。例えば、受検機会は年3回で、1月、5月、9月に実施されます。認定機関が複数あるのもご存知だと思います。「特定非営利活動法人 日本FP協会(日本FP協会)」と、「社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」で、それぞれ認定するファイナンシャルプランナーの区分や名称に違いがあります。「きんざい」は3級FP技能検定からあり、金融機関で働く際は、入職後に取得を義務づけられることも。受検資格に制限がなく、この資格を入口に、と感がるケースもあるようです。ただ、独立開業を視野にしているなら、ぜひ「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」を目指しましょう。私が受講した「フォーサイト」なら両コース設定があり、2級を選べば必然的に3級は包括されます。少し難しいと思っても目標を高く(2級)設定すれば、モチベーションがグッとアップしますよ。2級は受検資格があり、その1つは日本FP協会認定の研修を修了した者。「フォーサイト」は日本FP協会の認定校で、受講後、提案書の提出で合格点を取ればクリアになるのでご安心ください。

[2級ファイナンシャル・プランニング技能士試験] ※抜粋

きんざい

日本FP協会

「学科試験」
「実技試験」
・個人資産相談業務
・中小企業主資産相談業務
・生保顧客資産相談業務
・損保顧客資産相談業務

「学科試験」
「実技試験」
・資産設計提案業務

受検資格

 : 

実務経験2年以上。3級合格者(金融渉外技能審査3級合格者含む)。
日本FP協会が認定するAFP※1認定研修修了者

※1

 : 

アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。日本FP協会の登録商標で、普通FP資格のこと。「CFP」はサーティファイド ファイナンシャル プランナーの略。米国CFP BOARDの登録商標で、FP資格としては最上位であり国際資格として位置づけられる。

次のページへ >>


(C) ファイナンシャルプランナー(FP) 勉強法 All Right Reserved.
リンク集