社内FPと独立系FP。FP(ファイナンシャルプランナー)の仕事。

「ファイナンシャルプランナー(FP)」の仕事──それは、ライフプラン(生活設計)の策定です。お客様の「経済」に深くかかわり、ご要望をくみ取って最適なプランを提示していくのが仕事。金融などの専門知識が求められる一方、その人なりの生き方を尊重できる素養や感性も必要と言えるでしょう。
私のように、将来の独立を視野に2級ファイナンシャル・プランニング技能士を目指すケース(独立系FP)もあれば、銀行や保険会社、証券会社などに勤務し、業務に必要な資格として取得を義務づけられることもあります(企業系FP)。
企業系FPとは=金融機関(銀行、生命保険、損保保険、不動産会社など)に勤務する有資格者のこと。自社商品を販売する際、ファイナンシャルプランナーの知識・手法を活かします。サービスの一環として、無料相談を行うこともあります。
独立系FPとは=特定の金融機関に所属せず、FP会社になどに所属して業務を推進します。特定の商品の販売が目的ではなく、中立公平な立場でファイナンシャルプランナーとしてのサービスを有料で行います。

ニーズが高まるファイナンシャルプランナー

独立系ファイナンシャルプランナーは昨今、ニーズが高まっています。それは、“人生の節目”でお金の相談に乗って欲しいと考える人が増えたから。例えば、多くの保険商品があり、その違いはわかりません。どれが自分に合っているのかアドバイスして欲しいのです。また、家を買う際のマネープランや定年退職後の生活に関しても相談事はいっぱい……。独立系なら気軽に相談でき、さまざまな角度から検討できるのが魅力。
私の場合も結婚や家の購入の際、頼りにしたいと願ったものでした。子どもの成長に合わせた保険の選び方、進学に備えるマネープランも。そこで、自分で資格を取り、将来は独立してもいい、と考えたのです。「フォーサイト」の通信講座で合格を果たし、もうすぐ夢が実現しそうです。

次のページへ >>


(C) ファイナンシャルプランナー(FP) 勉強法 All Right Reserved.
リンク集